【修理】鍵が抜けません

こんばんは。てっさんです。


雨の多い季節となりました。毎年のことですがこの時期に急に増えるのが「鍵が抜けない」という修理依頼。この時期と真冬にあります。


真冬は鍵が錠の中で凍ってしまうのですが、梅雨時期も鍵が抜けない方がいらっしゃます。


ブリヂストンのアルベルトシリーズに採用されている「シャッター付一発二錠」。後輪をロックすると同時にハンドルもロックする機構となっていて、ピッキング対策にディンプルキーを採用、さらに埃の侵入を防ぐ鍵穴にシャッターが付けられている豪華なロックシステムです。


ひと昔前はなかった装備なのですが実はこの「シャッター」付いた年から鍵が抜けにくい症状が多くなったように感じています。中で湿気が籠るのか固着しやすい環境になっているのか・・・鍵が抜けないお客様の自宅での自転車保管状況を調べると雨ざらしの方が非常に多いです。

でも雨ざらしだからお客様に問題があるなんて私は思いません。通学自転車は過酷な状況でも毎日使うものですし、1年や2年でこんなトラブルが起きるなら対策や改善が必要です。説明書にも雨ざらしにすると鍵が抜けなくなるなんて書いてないですし。


ディンプルキーは定期的にメンテナンスをしてあげた方がトラブルも減ります。メンテナンスといっても大変なことではなく鍵のくぼみに汚れが溜まるので使わなくなったハブラシなどでブラッシングしてあげてください。


また錠内部へのスプレーですが粘度の高いスプレーですとより埃を吸着させてしまうためオススメできません。油の含まれていないものがベストですが自転車購入店で確認するのをオススメします。


またディンプルキーに傷などがあると抜けない、鍵が開かないなどの影響がありますのでディンプルキーに傷がある時はスペアキーと入れ替え使用しましょう。


今日も鍵が抜けないというご依頼が2件ありましたが1件は自転車購入から数ヶ月での症状だったためロックキーを新品と無償交換いたしました。


無理に抜いたり、回したりして鍵を折ってしまう方もいらっしゃいますので、もし同様の症状があった際は自転車店にご相談くださいね。


#ディンプルキー #抜けない #通学自転車 #アルベルト #yamarin #都田 #浜松市

2,318回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示